セントラルヒーティングにしたら厳冬でも余裕で過ごせそう

今年は去年に比べて随分と寒さが厳しいような気がします。
ストーブをつけたり、こたつを出してもなかなか寒さが減ってくれなくて背中にカイロを貼って過ごしている今日この頃。「でも北海道はもっと寒いよね」なんて思ったのですが、極寒の地域というのは家の構造やシステムが違うので家の中は北国に住んでいない私達が考えているほど寒くありません。

私は北海道に住んだことはありませんが、ヨーロッパの豪雪地帯に住んでいたころ確かに家の中はすごく暖かくてホームステイ先の家族はみんな外が?25℃でも半袖で過ごしていました。ステイ先の家は地下にセントラルヒーティングがあってそこで温められた温水が家中を循環していたのでラジエーターがある部屋はどこも暖かかったし、暖炉もあったのでまるで温室にいるみたいな感じで快適です。またエアコンの暖房と違って空気が乾燥しないのでノドが痛くなることも無く、日本で毎年引いていた風邪を引かなかったので「日本の実家にもこのシステムがあったらいいのになあ」と思ったことを覚えています。

日本でセントラルヒーティングのシステムを作ろうと思ったらめちゃくちゃ高そうなんですけどね。

セントラルヒーティングにしたら厳冬でも余裕で過ごせそう