今年の桜は奇跡のように長く咲いて心を慰めてくれます。

今年は三月の終わり頃になっても暖かくならず、いつまでも寒さが続いたせいで、桜が咲くのがとても遅くなりました。四月に入ってやっと咲き始め、何度も雨や風にさらされながら、やっと花が開きました。いつもなら造幣局の桜の通り抜けが始まる頃には、周りの桜はほとんど散ってしまって寂しい限りになるところが、まだまだ満開の花を咲かせて訪れる人達を楽しませてくれています。
造幣局の中の桜は、例年通りちらほらと咲き始めている木がほとんどですが、桜ノ宮の川沿いに咲く見事な満開の桜が心を高く持ち上げてくれて、自然と青空を見上げる事が出来るようになりました。日々、誰もが色んな事が起きる中で、幸せな事ばかりでも無く辛い事ばかりが
続く時もあります。そんな時は、中々空を見上げる事もなく下を向いてしまいがちですが、桜の花を見上げる事で重かった心が軽くなるようです。造幣局の桜の通り抜けと周りの桜が一緒に咲く事は本当に滅多にない事ですので、ぜひ皆さんにも観て欲しいです。http://www.suburbanexpress.co/sango/

今年の桜は奇跡のように長く咲いて心を慰めてくれます。