主体身体や細胞板などについて練習をしました

稽古しました。各染色体躯は縦に裂けて2つに分かれ、紡錘糸に引かれて両極に移動します。両極の染色体躯は濃密がゆるみ、細くなります。染色体の濃密は一層ゆるみ、根源膜に包まれます。根源小体が現れます。細胞クオリティーの抑制によって2つの細胞になります。体躯細胞抑制では、ともかく根源が2つに分ける核分裂が起こります。核分裂の過程は、根源や染色体勢により、前期、中期、後期、終期に区切ることができます。そして、終期には核分裂に引き続いて細胞クオリティー抑制が起こり、細胞クオリティーが2つに分かれます。抑制前の成分の細胞を母細胞と済む、新しくつくられた2個の細胞を赤ん坊細胞といいます。体躯細胞抑制の進行過程は、生物細胞と植物細胞で総じて共通していますが、植物細胞では主役体躯がないので、星状体躯が出現しない先が生物細胞と異なります。また、細胞クオリティー抑制が生物細胞では細胞膜が括れるように分裂するのに対し植物細胞では細胞板が現れて、しきられることによって抑制行う。細胞板は事後、細胞バリアーとなります。勉強になりました。http://www.chalkandwire.biz/

主体身体や細胞板などについて練習をしました